ランドリールームに必須!アイリスオーヤマのサーキュレーター付き除湿機




なんか最近家電の記事多い気がするな…自分は家電大好きで、気に入った家電だと例え高くても買ってしまうと言う悪癖があるんです、それも最新機種の最上位グレードを…買って後悔したことないからいいんですけどお金がね…(笑)

そんな自分が今回オススメしたいのはこちら

アイリスオーヤマさんのサーキュレーター付き除湿機この子本当優秀なんです!

ランドリールームには必須

ランドリールームの需要が増えてきた最近では、共働きの家庭の洗濯物は室内干しをする事が増えてきています。

ランドリールームについてはこちらの記事をご覧ください。

部屋干しが増えてくるとどうしても気になるのが湿気ですよね?もちろんランドリールームは風通しがよくなっていて湿気が溜まりにくくなっているんですが、共働きだと仕事が忙しくて1度に大量の洗濯物をまとめて干したりする事もあると思います。そーすると湿気が溜まりやすくなるので乾きにくくなります。あとは雨の日などで窓を開けられず湿気を逃せない時とかもありますよね?

そんなときに使ってほしいのがサーキュレーター付き除湿機です。使ってみて衝撃でした、乾き方が桁違いです。

除湿機とサーキュレーターが合体した理想のモデル

今までの除湿機だけ、サーキュレーターだけのモデルと違い、サーキュレーターで乾かしながら除湿を行える優れもの。部屋干しに必要だった物を合体させると言う斬新的な発想です。デザインも縦長でスタイリッシュになっており場所もほとんど取りません。

実際に使ってみて

このように首振り角度と風量と除湿力を3段階から細かく設定できます。タイマーも8時間まであるので夜回してから寝て、朝起きた時に止め忘れて仕事に行ってしまい、そのまま夜までずっと回しっぱなし、なんて事もありません。

首振り機能で90度、さらに上下にも90度可動可能なので普通に干してあればこれ一台でランドリールーム内全て乾燥可能です。ただし上下の可動は固定なので手で動かさないと動きません。

公式ページの謳い文句に自然乾燥の6分の1の時間で乾く!と書いてあります。その時間なんと95分!1時間半で洗濯物乾くんです。

まーこれは流石に条件付きでの結果なので普通の家の洗濯物がそこまで早くは乾きません。

我が家の洗濯物で比べてみた

洗濯物の量は約1日分で同じ量に合わせて、内容もほぼ同じ様な物になるようにしてあります。バスタオルやフェイスタオルに私服などです。

これを夜洗濯して21時〜6時まで干して置きました。

天気により乾き具合に変化が出るのであえて変化の少ない夜で試してみました。最悪の雨を予想して窓も閉めて風通しもない状態でも検証です。

サーキュレーター付き除湿機なし

サーキュレーター付き除湿機なしだと全体の乾き具合は6割くらいでした。薄手のものは乾いていているのもありましたが、バスタオルなどの厚手の物は半乾きくらいでした。一応全乾きしたのが11時でした。日差しがランドリールームに入ってからは乾くの早かったです。

サーキュレーター付き除湿機あり

サーキュレーター付き除湿機ありで干した場合はなんと全乾きでした。締め切った部屋に少しモワッとした空気がありましたが洗濯物はバスタオルまでちゃんと乾いていていました。後日測ってみたらこの状況なら8時間くらいで乾きます。

以上が検証結果です。

でもこれはサーキュレーター付き除湿機にかなり有利な勝負です…

今度は同じ条件でサーキュレーター付き除湿機なしの場合は窓を開けて風通しを良くして検証してみます。

サーキュレーター付き除湿機なし

窓を全開にして風通しをよくして干しておいた結果は…なんと全乾きです(笑)これは冬に検証したので乾燥していたと言うのもあるとは思いますが、全乾きです(笑)

ちなみにサーキュレーター付き除湿機ありで窓全開だとどうなるのか検証してみたくなりやってみました。

サーキュレーター付き除湿機あり

これも全乾きです(笑)

あれ?これサーキュレーター付き除湿機なくてもけっこう乾くじゃん(笑)って、この検証終わって思いました。

でもある日サーキュレーター付き除湿機が本気を出せる条件が見つかりました。

それは1度に大量の洗濯物を部屋干しする時!!

基本的にわざわざ大量の洗濯物を部屋干しする事はないと思います。ですが共働きで帰りが遅く、お子さんもいる、そんな家庭も少なくないはずです。我が家もまさにそうなんですが、疲れて帰って来て洗濯物がいっぱいあると…「無理…明日まとめてやろ」ってなりませんか?次の日が休みなら別にいいんですけど次の日も仕事…でも今日は流石にやらないとまずい!ってなって2日分の洗濯物を一気に干したりします。この気持ちわかる方、意外と多いと思うんですがどうだろう?

ここで検証!!

2日分の洗濯物

サーキュレーター付き除湿機なしの窓全開

       VS

サーキュレーター付き除湿機窓全閉

どちらが早く乾くのか!!

これは見応えあるぞ!!

※干す時間は21時〜6時

サーキュレーター付き除湿機なし窓全開

9時間干した結果は…4割乾き!

全然乾いてません。洗濯物の密度が高くて風通しが良くても乾ききりません。しかも長時間生乾きなので少し臭いです。

サーキュレーター付き除湿機あり窓全閉

9時間干した結果は…9割乾き!

ほぼほぼ乾いていてますが、バスタオルの一番下などサーキュレーターの風の当たりにくい場所が若干湿ってるくらいです。

そーなんです。サーキュレーター付き除湿機が本気になれるのは大量の洗濯物を部屋干しした時です。

例えば雨が続く梅雨の時期、例えば共働きで洗濯物をためてしまった日、そんな時こそ力を発揮してくれます。正直言えば天気のいい日だったらサーキュレーター付き除湿機使わなくても余裕で部屋干しでも乾きます(笑)以上我が家での検証結果でした。

部屋干し意外の多彩な使い道 

部屋干しの時に使うことばっかり説明してきましたが、なにも使い道は部屋干しだけじゃないです。

  • 部屋に置けば暖房、冷房の空気を循環させられる
  • 除湿機能だけ使えば和室や、タンスなどの防カビ効果を上げられる
  • バスルームで換気機能と同時に使えば乾燥を早くさせられ、カビの発生を食い止める

除湿機としても送風機としても使えるので活用場所はもっとたくさんありそうです!!

まとめ

共働きが増えてきた現代で部屋干しで早く乾くのはとても見呂的だと思います。我が家も共働きなんですがこの子にかなり助けられています。これから迎える梅雨の時期の前に購入して確保しておく事をオススメします。

シェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です