広いウォークインクローゼットでゆとり収納




衣類収納には多くの場所を使います。シャツ、ズボン、上着、アウター、スカート、肌着、靴下、さらにはそれの春用、夏用、秋用、冬用と服にさほど興味のない人でもけっこうかさばる量になってしまいます。それが服が好きな人ともなれば、かなりの量になるでしょう。

今回は衣類の収納スペースを余裕をもって作った我が家のウォークインクローゼットを紹介します。

クローゼットの種類

衣類の収納に使われるクローゼットですが、一般的に3種類のクローゼットがあります。用途や間取りなどと共に紹介していきます。

クローゼット

クローゼットは衣類を収納するために作られた奥行き60センチくらいのスペースです。一般的にハンガーパイプが横幅いっぱいに付いていて、その上に棚などが1段ついているものが多いです。

間取りで言うとこんか感じ!

間取りを多く使わずに済み、余ったスペースなどに設置する事もできますが、奥行きは服を掛けるくらいのスペースしかないので大量収納はできません。

ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットは奥行きの狭いクローゼットと違い、衣類収納用に部屋を作る事です。これにより間取りは多く使ってしまう代わりに大量の収納が可能で、棚などもつけられるので、バックなどの収納も余裕を持って作れます。

間取りはこんな感じ

多くの間取りを使ってしまうので工夫が必要ですが、全面に収納が付けられ、その季節着ない服なども余裕を持って収納しておけます。

今回紹介するのはこのウォークインクローゼットです。

ウォークスルークローゼット

これはあまり多く採用されていないスタイルですがあるとかなりおしゃれなクローゼットです。

基本的な作りはウォークインクローゼットと同じなんですが、違いとしては通過出来ると言うことです。洋室Aからウォークスルークローゼットに入り洋室Bに出れる。ウォークインクローゼットよりさらに間取りを多く使い、工夫もかなり難しくなりますが、動線がスムーズになり、使いやすくなります。

間取りはこんな感じ

これはあくまでも例えす。要するにクローゼット内に出入り口が2箇所あり、通り抜けの出来るクローゼット、それをウォークスルークローゼットといいます。間取りの組み合わせ次第で使い勝手がいくらでも出せる代わりにかなりの工夫と間取りを使用するのが難点です。間取りに余裕のある方にオススメのクローゼットですね。

ウォークインクローゼット内の収納組み合わせ

ここからはウォークインクローゼットについて集中的に説明していきます。

ウォークインクローゼットの最大のメリットの収納量をさらに伸ばす為には、収納用のハンガーパイプや、棚の組み合わせが大切になってきます。

例えば

このように組み合わせたりすることが可能です。

自分の服の量や、バックの量など収納したい物に合わせて組み合わせを変えることが可能です。ハウスメーカーさんによりますがハンガーパイプ、棚のなどは基本的にはオプションになる事が多いです。

ハンガーパイプの下や上はなにも付けなければ収納スペースとして使う事も可能なので、そのシーズン着ないものなどを収納しておけて、衣類の収納はほぼ全てウォークインクローゼットで住見ます。

基本的なウォークインクローゼットの大きさは2.5畳〜3畳が多いですね。これはその人の衣類の収納量によるので、たくさん服を持っている人は大きめにとっておくことをオススメします。

服があまり多くない人でも、棚を多く取り付けることで、普通の収納としても使えるので、衣類の収納にこだわらず大きな収納スペースとして考える事も可能なので、ウォークインクローゼットに何を収納したいのかを具体的に考えてから、ハンガーパイプや棚の設置量を決めると後で慌てなくてすみます。

ウォークインクローゼットを設けるのにオススメな場所

ウォークインクローゼットは間取りを多く使うので設ける場所が大切になってきます。日当たりの良い場所は基本的に寝室や子供部屋、ランドリールームに使ってしまうので、日当たりの悪い北側に設けるることが多いですね。

最近人気のウォークインクローゼットですが、寝室と連結して付けるのがオススメです。

出掛ける時に起きてすぐ着替えられ、そのまま準備に移れるので効率的です。

あと女性から人気なのが洗面台と連結したタイプです。着替えてすぐメイクに移れるので女性からしたらさらに効率的な間取りになります。洗面台も水回りなので北側に設けられる事が多く作りやすくなってます。

間取りの工夫と節約が大切になるウォークインクローゼットですが、何を趣旨にするかで組み合わせ方も変わってくるので、間取り決めのときに良く考える事が大切です。

我が家のウォークインクローゼット

我が家のウォークインクローゼットは寝室に隣接してます。寝室の隣にはランドリールームがあり、洗濯物をハンガーに掛けたままウォークインクローゼットにしまえるようにしてあります。

ランドリールームについてはこちらの記事をご覧ください。

間取りはこんな感じ

出掛ける時はここで服を全て決めちゃえるのも便利ですね!

寝室入って左側の扉!

こちら!

ここがウォークインクローゼットです。

中は4.5畳とけっこう大きめにとってあります。

大きさの参考にしてみてください。

中がこちら

我が家は嫁の服が多いので7割ハンガーパイプで3割が可動棚を採用してます。

ハンガーパイプは1シーズン分掛けても余裕があり、棚にはズボンとバックを置いていますが、まだまだ収納には余裕があります。

棚は可動棚にしているのでらどんな物を置いてもぴったりの高さに変更できます。ほんとに可動棚は便利です。高さ固定の棚だと、棚に合わせて物を収納しないといけませんが、可動棚なら物に合わせて棚を組み換えられるので、収納で困ることがありません。

ハンガーパイプの上は棚になっていて、大きな物の収納に使ってます。我が家の場合はキャリーバックや、冬物をしまうケース、予備のハンガーなどです。

4.5畳は取りすぎかなとも思いましたが、実際使ってみて、全然そんなことありませんでした。ハンガーパイプも長く取っているので、春夏用の服を掛けて置いても全然余裕!この収納が少ないと、春、夏、秋、冬、と小分けに衣替えが必要になり面倒ですが、1度に大量に掛けておければ、春と冬の2回の衣替えで済むのでとても楽です。

写真に写っている様にハンガーパイプの下にもスペースができるので、収納用にBOXを置いたりするのもありですね。我が家ではシーズン物じゃない衣類をまとめて置いてあります。

もしくはハンガーパイプを2段設置してさらに衣類の収納を増やしたりする事も可能性です。

ここの収納は自分の収納したい物の量を考えていて、自分が使いやすい用にカスタマイズしましょう。

換気用の小窓は忘れずに

ウォークインクローゼットは間取り的に日当たりが悪い場所に作られることが多く、人の出入りも多くないので、湿気が溜まりやすいです。せっかく洗った服や物に匂いが付く原因にもなるので、換気用に小窓を付ける事が大切です。

小窓を付けられない場合は換気扇などを付け、ウォークインクローゼット内の空気の入れ替えを行いましょう。

我が家はウォークインクローゼットの下部分に小窓を付け、換気扇と少量の日光を取り入れています。そのため昼間は電気を付けなくても見えるくらいの明るさを確保できてます。これも小窓を付けるメリットの1つですね。

本当はこの小窓は上部に大きな物を取付けた方が効果があるのですが、小窓を付けるとその前には物を置けなくなるデメリットがあるので、オススメは下部か最上部です。我が家の場合だと最上部は物を置くので下部に設置しました。

このサイズの窓1つあるだけで換気機能としては十分です。週に1度寝室の窓とウォークインクローゼットの窓を開けて風を通すだけで湿気や匂いなどは気になったことありません。

まとめ

余裕のあるウォークインクローゼットは抜群の収納力を発揮します。自分に合った収納を付けることでその効果も跳ね上がるので、収納の具体的なイメージを考えてから作ることをオススメします。

間取りを多く使い部屋を手狭にするデメリットもあるので、クローゼットを採用する方も多いですが、結局は他にも収納を作り、圧迫してしまうので、それなら最初から大きく取っておくのも自分はありだと思います。間取りを工夫して、空間を作り出す時間はとても楽しいですよ!是非検討してみてください。

シェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です