IHとガスどちらがいいの?その人に合った選び方 ガスからIHに変えた我が家の感想




新居を建てる際にIHにするかガスにするかで悩む方は多いと思います。IHは掃除しやすいって言うし、ガスは火力の調整しやすいって言うし、調べて色々と情報を取り入れると尚更悩んでしまいますよね。

結論から言えば、IHもガスも双方メリット・デメリットがあり、どちらがいいとは言えません。使う人の使い方や、何を主軸にするかで変わってきます。

今回は自分がIHとガス、どちらを選べばより良いキッチンになるかのわかりやすく紹介していきます。

ガスコンロ

ガスコンロは皆さんご存知かと思います。IHクッキングヒーターが普及する前は、ほぼ全ての家庭で使用されていました。最近ではその進化も目覚ましく色々な種類が発売されています。掃除がしやすいだけの理由でIHに変更するのは気が早いと思います。

ガスならではのメリット・デメリットがあるので、よく確認しましょう。

ガスコンロのメリット

高火力を複数使用できる

ガスコンロは2口でも3口でも高火力を使用する事が可能です。同時に高火力で料理をする事が多い場合は便利です。これはガスコンロならではのメリットで、使用量用の決まっているIHにはない機能の1つです。

調理器具を選ばない

昔から使用はれているだけあり、売られている調理器具ならば全て対応可能になっています。最近普及してきたIHに対応していない調理器具はまだありますが、ガスコンロに対応していない調理器具はないでしょう。調理器具選びに気を使わなくていいのはメリットになります。

停電の影響を受けない

これはIHと比べた時のメリットになってしまいますが、ガスを使用しているので停電の影響を受けません。停電した場合でも火を使って料理を行えるのはいざという時便利です。

ガスコンロのデメリット

火事の危険性がある

火を使用している為、当然火事の危険性があります。これはよく言われるデメリットですが、最近では安全装置が付いている物が多く危険性はかなり抑えられています。それでも可能性としてはゼロではないので注意が必要です。

掃除がしにくい

これはIHに比べるとしにくいと言うデメリットです。最近の物は取り外しが簡単だったり、食洗機対応だったりと昔の物に比べ、かなり掃除がしやすくなっています。それでも凹凸の多いガスコンロはやはり掃除のしにくさが最大のデメリットになるかもしれません。

周囲の温度の上昇

高火力で料理をしていると火からの熱気で周囲の温度の上昇に繋がります。夏場などは特に気になるポイントになります。

お子さんや高齢者の使用は注意が必要

安全装置が付いている物が増えてきていても、小さなお子さんや高齢者の方が使用する場合は注意が必要です。火傷や火事など思いがけない事故に繋がる場合もあるので十分注意してください。

IHクッキングヒーター

IHクッキングヒーターは最近、掃除のしやすさと安全性から人気の商品です。

ガスを使用して燃焼により調理を行うガスコンロと違い、内蔵されているコイルにより発熱、加熱を行います。

これにより、ガス漏れや火の取り扱いの注意がなくなるため、安全性が高いと注目を集めています。

IHクッキングヒーターのメリット

掃除がしやすい

ガスコンロに比べ、フラットな面のIHは掃除がとてもしやすいです。調理後表面を拭き取るだけでキレイを保てるので、こまめな掃除が可能性です。表面はガラス素材になっているので汚れが染み込む事もないです。

火を使わないので安全

火を使わないので、消し忘れや飛び火などによる火事の心配が少ないです。もちろん絶対ではありません。揚げ物の油を加熱しすぎたりした場合は発火の可能性もあるので注意は必要ですが、基本的には安全性が高いです。

火力調節が簡単

IHは火力が数値化されている為、火力の調節が簡単です。商品によって異なりますが、だいたい10段階に分けられていて細かく火力を調節可能です。初めて使う方は数字がどれくらいの火力か慣れるまでは難しいかもしれませんが、慣れてしまえばボタンを押すだけなのでとても簡単です。

加熱が速い

IHは加熱が遅く、火力が弱いイメージがありますが、実はガスよりも加熱が速く、火力も強いんです。単純に鍋の沸騰時間などを比較してもIHの方が速いです。これは効率的に鍋に熱を伝えられているからです。ガスだとどうしても鍋から逃げてしまう多少の熱がある為その分の差が出てしまいます。

IHクッキングヒーターのデメリット

停電時使用出来ない

電気で動いているIHは停電時使用する事が出来なくなります。その為IHを使用する家庭では停電時用にカセットコンロなどを用意しておく必要があります。災害などで何日間か電気が復旧しなかった場合、調理がなにも出来なくなってしまうからです。

対応している調理器具を選ばないといけない

IHは全ての調理器具に対応しているわけではありません。IH対応の調理器具を選ばないといけないので、ガスからIHに切り替える場合は買い替えをしなければなりません。最近は対応している物もかなり増え、土鍋なども対応してきていますが、まだ全てと言うわけではないので、購入時は気をつけてください。

同時に最大火力に出来ない

IHは最大出力が決まっており、3口全てで最大出力を出す事ができません。3口全て火力10は出来ませんが、全て9なら出来ます。又は1口は火力10、残り2口は火力9なら出来ます。同時に3口で最大火力を使う様な事はほぼないと思いますが、一応覚えておいてください。

ガスコンロはこんな人にオススメ

  1. ガスコンロが使い慣れている人
  2. 炙りや焦がしなど直火を使用する人
  3. 複数口を使用して高い火力で料理する人
  4. 使い慣れた調理器具を変えたくない人
  5. 初期費用を少しでも抑えたい人

IHクッキングヒーターはこんな人にオススメ

  1. 掃除を簡単に済ませたい人
  2. 火での調理にこだわりのない火
  3. 安全性にこだわりたい人
  4. オール家電住宅にしたい人
  5. プロパンガス供給地区の人

IHのよく勘違いされてる事

実際IHを使用してみて、調べた情報と違っていた事がいくつかあったので紹介します。

フライ返しがしにくい

IHはフライ返しがしにくいとよく見たのですが、決してそんなことはないです。IHからフライパンを離すとすぐに加熱が止まってしまうIHもあるようですが、最近のはフライ返し出来るように、一定時間フライパンを離しても加熱が止まらないようになっています。確かにガスコンロに比べればやりにくいかもしれませんが、使用していて特に不便を感じた事はないです。

加熱が遅い

火に比べ加熱が遅いとよく思われがちですが、むしろ逆で火よりも加熱は速く、最大火力も強いんです。コンセント式の安いIHだとそれもありえますがキッチンに取り付けられたIHは出力が高いので加熱速度も、最大火力もガスコンロを上回ります。

火力調節が難しい

これは間違いと言うよりは勘違いですね、火力調節はむしろ簡単なんですが、ガスコンロからIHへ変えたばかりだと、火を直視で見れない分、IHの火力がわかりにくいと言う事が起こります。ですが使っている内に火力に慣れてしまえば、火力を数値化しているIHの方がわかりやすく使いやすいです。

IHは基本的に10段階の火力になっています。じゃあ1が弱火で10が強火かと言うとそう言うわけでもないです。

個人的な感覚ですが

1保温6強中火
2弱弱火7強火
3弱火8強強火
4弱中火9強強強火
5中火10最大火力

こんな感じです。

1は弱火と言うよりは保温に近い印象です。7から先は料理ではほとんど使わないです。鍋を速く沸騰させたい時などに使うくらいで、火力としては7が強火の印象です。あくまでも個人的な感想です。

IHクッキングヒーターにオススメのアイテ厶

とにかく掃除が楽なIHクッキングヒーターですが、追加で使用するとさらに便利なアイテムを紹介します。

まずはこちら

フライパンを使用していると焦げがIHに移ることがあります。これは使用後に拭き取ればキレイになるのですが、このマットを敷いておけば焦げはIHに移らずマットで止まります。もちろんマットが焼けたり、加熱が止まったりする様な事は起こりません。我が家で最大火力で調理を行っても、マットにはなんの変化もありませんでした。

次にこちら

IHには構造上排気口があり、そこに油や食材が入ってしまう事がよくあります。中に入ってしまうと掃除が大変になるので、それを防止する為のカバーを取付ける事をオススメします。長さの調節も可能なのでIHのサイズに関係なく使用する事が出来て便利です。我が家ではこれを取付けてから1度も排気口に油や食材が入っていません。

最後はこちら

IHクッキングヒーターにはこのような隙間が出来てしまいます。

この隙間に液体や食材が入り込むと取り出すのはとても大変で、最悪の場合取れない事もあります。それによってIHに影響が出ることはありませんが、入ってしまうと気になりますよね。それを防止する為に隙間ガードを取り付けます。交換は頻繁にする必要もないので、付けてしまえば1年に1度取り替える程度で大丈夫です。

以上3点を追加で使用するとIHはさらに使いやすくなり、掃除も楽になります。

是非使ってみてください。

どちらが安く済むのか?

気になるコスト面ですが、ガス代電気代などを考えた場合はほとんど差はありません。家庭のプランや住居地、使用量などにより変わってくるので、IHかガスか決める前にしっかり調べる事が大切になってきます。

初期費用としては若干IHの方が高い傾向にあります。これもグレードやオプションで変わってくるので、一概には言えないですが、本体料金だけで見ればIHの方が若干高いです。

まとめ

IHとガスとどっちを選ぶか悩むところですが、正直正解がないです。自分の使いやすい、自分の生活に合った、自分の苦じゃない方を選ぶ事が大切です。今回はそのサポートが少しでも出来たらいいなと思ってまとめてみました。是非参考にしてみてください。

シェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です