小上がりの和室のある暮らし




小上がりの和室とは

小上がりの和室とはそのままの意味で床面から少し上がった和室の事です。

確立した空間を作り出し、部屋に立体感がうまれます。最近はおしゃれな和室として作る方が増えています。

琉球畳が主流の現在

畳というと昔はこれをイメージしました。↓

これが和を出す畳ですよね!おばあちゃん家の畳って凄い落ち着きますよね。畳の匂いというか雰囲気というか気持ちを落ち着かせるような不思議な効果を感じます。

ですか最近の家の和室でよく使用されるのが琉球畳と呼ばれる畳です。↓

これが琉球畳です。畳と違い周りの縁が無く1枚の大きさも畳の半分くらいです。洋風の家が増えてきた現代で普通の畳で和室を作ると和が主張しすぎて部屋のバランスが崩れることが多くなりました。そこでよく使われるのが琉球畳です。これだと洋風の雰囲気を壊さずに和の雰囲気も取り込めると言う事で使用する人が急増しています。

琉球畳のメリット・デメリット

メリット

・キレイな市松模様

・洋風の家との相性がいい

・部屋を広く見せる効果がある

・色のバリエーションが豊富

デメリット

・縁がなく傷みやすい

・畳の半分のサイズなので料金が少し高い

上の写真は違う色の琉球畳を使用しているわけでわなく向きを変えて取り付けているだけです。縫い目の方向を変える事で見え方が変わり色に違いがうまれるんです。その結果交互に少し違った色の琉球畳の組み合わせに見えるんです。

琉球畳は色のバリエーションが豊富で落ち着いた色であればほぼ揃ってます。赤や青と言った原色はないですが薄いピンクや薄い水色とかならあります。

料金的には1畳で2万くらいが相場です。これは施工費込みの値段です。ハウスメーカーさんによって異なるので参考程度に考えてください。

琉球畳の和室はあまり大きすぎるとインパクトが強すぎて部屋の雰囲気を壊しかねません。普通の家であれば4畳半がベストな大きさだと思もいます。これは個人的な意見ですが、リビングの広さの4分の1を超えると和室のインパクトが際立ち、雰囲気が壊れます。20畳のリビングなら5畳以上の和室は控えたほうがいいかもしれません。

もちろん前提として普通の畳にこだわりのある方は無理に琉球畳にする必要はありません。普通の畳の方が値段も抑えられますし、強度も強いです。自分のイメージする家に近い方をお選びください。

小上がりの和室施工例

小上がりの和室を付けるにあたって大きく分けて2つのやり方があります。

部屋タイプ

1つはリビングの隣に小上がりの和室を部屋として作る方法です。↓

こうすることで確立した和室空間を作ることが出来ます。この写真では扉はついていませんが扉を付ければ和室を締め切りリビングと別の空間にすることも可能です。例えばお客さまの対応の時や友達が泊まりに来た時の寝室にしたりもいいですね。我が家もこのタイプを採用しています。

リビングにそのままタイプ

2つ目は部屋として作るのではなくリビングの一角を小上がりにして琉球畳を敷くだけのタイプです。↓

こうすることで空間を確立するのではなく空間に取り込ませる事が出来ます。リビングを狭く感じさせる事もないので、和室と言うより和の空間を追加させるタイプですね。

我が家の小上がりの和室

畳について長く話してしまいましたがここからは小上がりの和室についてです。最初に我が家の小上がりの和室を紹介します。家を建てすぐの状態の写真を撮っていなくて、現状の和室になります。↓

夜に撮ったので暗いのはすみません。ほぼ娘の遊び場と化してます(笑)この大きさで4畳半です。畳をおもちゃで傷つけないよう、安いカーペットを引いて守ってます。畳の良さを殺してしまうんですが子供が小さいうちは、仕方ないかなと思ってます。自分自身もこの和室だゴロゴロしたり、小上がりの部分に腰掛けてくつろいだりしてます。子供が大きくなれば2階の自分の部屋に行くと思うので目の離せない今は仕方ないですね。あと照明と替えたいんですがまだいいのが見つかってなくてシンプルな物をとりあえず付けてます。和室らしい照明など見つけたらまた紹介したいと思います。

扉を閉めたらこんな感じ↓

扉を和風にしてリビングに和の雰囲気をリビングに残す事もできるんですが、我が家ではリビングの色に合わせて扉を取り付けました。理由は単純に和風の扉の値段が高かったから…閉めてしまえばリビングと同じデザインの扉なのでもちろん違和感もないのでまあいいか、と断念しました。

ここの扉を和風にするか洋風にするかでリビングの雰囲気がだいぶ変わってくるのでよく考えてから決めることをオススメします。

小上がりの和室のメリット・デメリット

素敵なデザインの小上がり和室のメリット・デメリットについて紹介していきます。

メリット

・収納の増量

・リビングからのゴミをシャットアウト

・立体感の出るデザイン

・カビ、ダニが発生しにくい

デメリット

・段差が出来て小さい子の転落の恐れがある

・間取りによってはリビングが狭く感じる

・お掃除ロボットが入れない

・天井が低くなる

・料金が少し高い

メリットとして収納を小上がりの和室の下に設置できます。↓

我が家はこんな感じで3個収納を追加しています。この収納にも制限があります。例えば極端ですが、和室な下を全面収納には出来ません。そんなことをしたら和室の下が全て空洞になるので強度が下がります。ハウスメーカーさんにもよりますが我が家の収納は値段を抑えてあるので少ない方です。これで1箇所5千円くらいです。

和紙や化学繊維をしようしているのでカビやダニの発生が少ないのも魅力の1つです。掃除はたまの水拭きくらいで大丈夫ですね!

デメリットとしては小さいお子さんがいると目を離したすきにに登って落ちてしまうなどの危険があります。採用する際はお子さんの行動には十分気をつけてください。

小上がりの和室は床面を押し上げて作るので、リビングなどより天井までの距離が短くなります、なので和室自体が少し窮屈に感じる方もいるかもしれません。ちなみに自分は得に窮屈感を感じた事ないです。

料金的にも少し高いのもデメリットです。リフォームなどで琉球畳を使用する場合6畳で10万〜30万くらいかかるみたいです。

最後に傷みやすさなのですが、これは使用頻度によって寿命が変わってくるので一概に言えないです…自分でも色々調べてみたのですが人それぞれでまとまりませんでした。日当たりや使用頻度でかなり差があるみたいです。

我が家では子供の遊び場になっているのでマットをひいていますがこれはこれで琉球畳の日焼けの心配もあります。夫婦で話して使えるだけ使ってだめになったら新しくしよう!でまとまりました!適度な意見ですみません(笑)

まとめ

小上がりの和室検討中の方に1つ言いたい事があります。

やって後悔ないオススメ です。

我が家でもお気に入りの空間ですし琉球畳とセットでオススメします。

シェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です