子供のおもちゃ収納




お子さんがいる家庭は子供のおもちゃの収納がどうしても悩み所ですよね…大きくなって自分の部屋で一人で遊ぶようになれば、全部子ども部屋に持って行ってしまえばいいんですが、まだ目の離せない頃はリビング周りにおもちゃの収納を用意しないといけないのでどうしても場所をとってしまいます。

我が家では小上がりの和室を子どもの遊び場にしているのでおもちゃの収納も和室にまとめてます。

おもちゃの収納は事前に計画して場所を作っておく

部屋をスッキリ見せるためにはおもちゃ箱はどうしてもスペースを取りすぎてしまいます。

確かにかわいい収納をリビングに置いてあったらおしゃれでかわいいんですし、後から購入しておもちゃ箱にしたりするのももちろんいいんですが、その分部屋を圧迫してしまうので、大きなリビングじゃないと狭く感じてしまいます。間取りを決める時に小さい子どもがリビングで遊び、その遊ぶおもちゃをどこにしまうのか、など色々考えて決めた方がいいです。その収納は子供が大きくなって自分の部屋で遊ぶようになれば、親が自分達の収納として使えばいいので、余分に収納を設けておきましょう!!

我が家は小上がりの和室を遊び場に

我が家では小上がりの和室を子どもが大きくなるまでの遊び場にしました。畳のクッション性でケガ防止もありますが、1番は畳に触れて育てたかったから、子どもが遊んで畳が傷つくのはこの際諦めました。日焼けとか傷とかでだめになる頃には子どもも大きくなって自分の部屋で遊ぶだろうから、その頃張替えればいいか!と妻と相談して決めました。

遊ぶ場所をスペースで区切る事で子どもも遊びと私生活を切り替えて生活することが出来ます。あと散らかるのは和室だけなのでストレスもちょっと減ります。毎日毎日リビング散らかされるのってストレス大きいですよね…せっかく片付けても気づいたらまた散らかってる…本当に子どもの散らかすスピードには驚かされる…

意識としては小上がりの和室はもう子ども部屋として扱ってるので、自分が和室でなにかする事は基本的にはないです。和室を作った家で和室を活用してる家って少ないんじゃないですかね?自分もそうですが、和室は一応欲しいとか畳はあったほうがいい!とかで和室作る人多いと思います。つまり活用方法が明確で和室作る人って意外と少ないんですよね!それならそのスペース子どもにあげちゃいましょう。リビングと和室を繋げて作ればなにかしてても目が届きますし、散らかされても最悪は扉閉めて現実世界逃避も可能です(笑)

以上の理由で我が家では小上がりの和室を子どもの遊ぶスペースとして使用してます。

和室の収納スペース

和室には基本的に標準装備でこのような収納が付いてきます。

子どものおもちゃ箱としては十分過ぎる収納量!!

ここの収納ってみなさん何入れてます?我が家だとお客さん用に布団2セットとオムツとかお尻拭きのストックくらいしかないんですけど普通もっとあるのかな?

我が家の場合だとこの中がこんな感じになります。

いや、普通もっと入れる物あんだろ!って言われたら謝るしかないです。ごめんなさい…

我が家は上半分で収納足りてるので下半分を子どものおもちゃ箱にしてます。これを和室に出しておいてもいいんですがスペースが減りますし、何より子どもが仕分けして片付けるって感覚を覚えてくれます。

こーやってBOXの中もさらに種類ごとに分けて収納すると子どもが元の場所に戻す時に考えて戻すので遊び感覚でお片付けしてくれます。お菓子食べたい時とか本当に機嫌悪いときはやらないけど…

収納の奥にはボールプールとかオムツのストックとな大きな物を隠すように収納してます。我が家は2歳の娘が1人なんで、これが3人、4人になったら収納スペース足らないですが、2人までならこの収納スペースで事足りそうです。

ちなみに0歳用の使ってないおもちゃなどは子ども部屋にしまってます。これはあくまでも今は遊ぶ用のおもちゃの量です。

将来的にはキッチンカウンターの下を準備スペースに

5歳、6歳頃から子どもが保育園や小学校の準備を自分で少しずつ初め出す頃になったらキッチンカウンター下の奥のスペースに収納を作り、少しずつ自分で自分の事をさせていこうと思います。この収納を付けるのもキッチンカウンター下を使う事でBOXの出っ張りをなくして部屋を圧迫しないようにします。

いやいや、5.6歳の子どもそんな甘くないから!って先輩ママさんが言うようならこの計画は失敗ですが…

あくまでも収納で部屋を圧迫しない工夫の1つとして聞いてください。

正直カウンターっておしゃれだと思って付けだけで普段の生活ではそんなに使いません。カッコつけてカウンターでコーヒー飲みながらパソコンいじったりもしますが、正直テーブルの方がやりやすいですし…カウンターでパソコンいじってる自分カッコいいってだけの自己満です(笑)

でも下に収納を入れるには最適です。壁からBOXが出っ張るのではなく、出っ張ってるカウンターの下に収納するわけですから空間の圧迫感がなくなります。この違いが意外と大きいんです。

それなら最初からカウンター付けないで、収納付けとけばいいじゃんって、思うかとしれないですけど。ここの収納って長い目で見たときそんなに必要ないんですよね。必要なときに収納を付けて、要らなくなったらカウンターとして使うって、使いまわしが理想だったので我が家ではカウンター採用してます。

まとめ

だいぶ個人的な意見が多くなりましたが、伝えたかったのは、小さい子どもがいる場合は普段から目の届く位置に子どもが遊べるスペースを用意する(オススメは小上がりの和室)おもちゃ箱用の収納スペースを余分に用意しておく。これだけでリビングの圧迫感、ストレスが軽減されます。是非参考にしてみてください。

シェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です