キッチンのシンク素材はどれにしたらいい?ステンレス・人工大理石・ホーローを徹底比較




キッチンは新居の中でもお金を掛けたい場所ランキング上位の場所ですよね。

求められるのは使いやすさ、掃除のしやすさ、収納力と欲が出やすい場所です。

中でもシンクは使わない日はないくらいの使用頻度なので、悩む方も多いと思います。

素材は何にするか、色は何色がいいかなど考えだしたら止まらなくなりますよね。

今回はシンクの種類とメリット・デメリットについて紹介していきます。

シンクの種類

日本では主なシンクの種類は2種類です。ステンレス素材か人工大理石素材です。日本ではまだあまり普及率していませんがタカラスタンダードさんが積極的に使用しているホーロー素材もあります。

まずはこの3種類の徹底比較をしていきます。

ステンレス

ステンレスは鉄をベースにした合金で、クロムと言うサビに強い素材が入っています。このクロムが表面に防サビ効果のある膜を形成するため、サビにくいのです。細かい傷ならばすぐに膜は修復されるので傷からサビが発生すると言うこともありません。

ステンレスは衝撃にも強く、簡単に変形しないのも特徴の1つです。

汚れもすぐに吹けば浸透する事もないので、水周りには最適な素材とされています。

ステンレスのメリット

耐久性、耐熱性にすぐれている

非常に強い素材でありながら、しなやかさもあるステンレスは耐久性に優れています。熱や衝撃で変形する事は少なく、適切な手入れをすれば長い期間使用可能です。

汚れや匂いが付きにくい

ステンレスは汚れや匂いが染み込みにくく衛生的です。表面に付いた汚れは軽く拭き取るだけでキレイになります。時間がたった汚れでもクレンザーで研磨することで、キレイを保つことが出来ます。

価格が安い

昔から使用されているステンレスは普及率も高く、他の素材に比べて安く購入する事が可能です。ですが表面加工などの追加オプションを付けると人工大理石とさほど変わらなくなるので気をつけてください。

変色しにくい

黄ばみや着色による変色はほぼない素材です。こまめな手入れが必要な人工大理石と違い、ある程度ズボラな手入れでもキレイを保つことが出来ます。

ステンレスのデメリット

もらいサビには注意が必要

もらいサビとはフライパンや鍋のサビがシンクに移ることを言います。フライパンを使用後にシンクに置いて時間が経ってしまうとサビがシンクに移ってしまう可能性があるので注意が必要です。

小さな傷や水垢が目立ちやすい

光沢のあるステンレスは小さな傷や水垢が目立ちやすいです。長年使えるステンレスですが、傷や水垢が多くなるほど光沢がなくなり、見栄えが悪くなっていくのを実感できてしまいます。

デザイン性が少なくほぼ銀1択

実用性の高いステンレスですが最大のデメリットはデザイン性です。ステンレス独特の重厚感のある銀がほとんどで選択肢はほぼありません。家の雰囲気に合っていれば問題ないですが、デザイン性重視の場合はデメリットとなります。

人工大理石の天板との組み合わせはしにくい

天板は人工大理石にしたいけど、シンクはステンレスがいい。と言う場合、シンクと天板の間に溝ができてしまいます。汚れが溜まりやすく、掃除しにくいのでオススメできません。

シンクをステンレスにするなら天板まで全て繋がったキッチンにし、溝をなくして掃除のしやすいキッチンにする事をオススメします。

人工大理石

人工大理石と呼ばれていますが、大理石は一切使用されておらず、アクリル樹脂やポリエステル樹脂と言った人工素材で作られています。

素材が樹脂なので、デザインや色など豊富なバリエーションが特徴です。

その特徴上、ステンレスとは逆に柔らかな印象のシンクになります。

人工大理石のメリット

豊富なカラーバリエーション

人工大理石の最大のメリットでもある、カラーバリエーションの豊富さ。家にあった色に出来るので、オープンキッチンなどでも違和感なく使用できます。白、ピンク、青、ベージュ、グレーなど、明るい色から落ち着いた色まで数多くあり、柔らかな雰囲気のキッチンを作り上げます。

音が静か

水が跳ねる音やお皿を置くときの音などがステンレスに比べて静かです。金属同士が擦れる音が苦手な方も安心して使えます。

水垢が目立たない

明るい色の多い人工大理石は水垢がほとんど気になりません。ステンレスに比べ水垢が落としやすいのも人工大理石のいい所です。

掃除が簡単

人工大理石のシンクを使用する場合、ほとんどの方は天板まで人工大理石にします。そうする事でシンクと天板の繋がなくなり掃除がとても簡単になります。細かな隙間などがなく、サッと洗い流せます。

人工大理石のデメリット

シミ、黄ばみが付きやすい

ワインや果汁や醤油など色の濃い物を長い時間放置していると、シミになりやすいです。すぐに洗い流したり、拭き取ればなんの問題も、ないですが、気付かずに長時間放置すると、取れにくくなります。人工大理石のシンクを選ぶばあはこまめな手入れが重要です。

衝撃に弱く傷がつきやすい

衝撃に弱い人工大理石は細かな傷が付きやすいです。ステンレスと違い細かな傷が目立つことはないですし、気になる場合は削る事で傷を消す事も可能性ですが、手間などを考えデメリットとします。

熱に弱い

熱に弱い人工大理石のシンクに、熱湯を直接流したり、高温のフライパンを直接置いたりする事は劣化に繋がります。水を出しながら熱湯を流したり、フライパンを冷やしてから置くなどする必要があります。

ホーロー

ホーロー素材とは鉄やアルミなどの金属の下地の上にシリカを主成分にしたガラス質の素材を焼き付けた物を指します。

海外ではよく使われていますが日本ではまだ普及率は高くないです。

タカラスタンダードさんなどは積極的に使用していますが、まだメジャーな素材とはいきません。

ホーローのメリット

耐震性・耐熱性に優れている

ホーローがよく使われるのは鍋などですが、キッチンに使用されるホーローは高品位ホーローと呼ばれ、最上級の耐久性を持っています。タワシで擦ったり研磨剤を使ったくらいでは傷1つ付きません。また耐熱性も高く、火で直接炙っても変色も変形もしない程の耐熱性です。

掃除が簡単

ホーロー素材最大のメリットが掃除の簡単さにあります。油汚れなど時間が経つと落ちにくい汚れも、一切浸透ないので、とても簡単に取り除く事ができます。ほとんどの汚れは拭き取るだけでキレイを保てます。

ホーローのデメリット

表面の素材が割れると中の金属がサビる

高い耐久性を持つホーローですが、万が一表面のガラスが割れて中の金属が、出てしまった場合、サビの原因になります。そうなった場合内部のサビの拡大を止める事は難しくなります。

クッション性はほぼない

内部に鉄、表面にガラスなのでクッション性はほぼありません。高い耐久性の半面デメリットにもなります。ステンレスのようなしなりがあればお皿を落としても割れることは少ないですが、ホーローの場合かなりの確率で割れると思われます。

人工大理石を選んだ我が家の感想

我が家では人工大理石のシンクと一体型の天板を使用してます。

一体型なので繋ぎ目はなく、とても掃除が楽で気に入っています。

ではなぜ人工大理石がオススメなのか、実際使っている我が家の感想を交えながらご紹介します。

掃除がとてもしやすい

こちらが我が家のキッチンです。

一面人工大理石のキッチンを使用していて、繋ぎ目がないので汚れも溜まりにくくキレイを保ちやすいです。

人工大理石のデメリットであるシミや黄ばみが付きやすいと言う問題は、長期間掃除をしないで放置した場合の話しです。定期的に又は汚れたら掃除をすればすぐに汚れは落ちます。

掃除がしやすいキッチンなので汚れを放置する事はまずありません。我が家では数日に1回シンクを軽く洗い、天板を拭いています。その程度の掃除でも十分キレイを保てます。

そもそもどこの家庭でも汚れを見つけたら軽く拭き取ったり、スポンジで擦るくらいの事はしますよね?なのでシミや黄ばみはそんなに気にする事ではないです。

こういった場所も溝がないので、汚れが溜まることもありません。たまに水で流したり、スポンジで擦るだけで十分です。

さらに気になる排水口周りさえ一体型なので溝がありません。我が家では1週間に1回程度しか掃除しませんが、汚れが染み付いたりした事はありません。掃除方法もスポンジで1周擦るだけです。

多少汚れが目立つ様ならメラミンスポンジで擦るとキレイになります。

家に合ったデザインを選べる

人工大理石の最大のメリットでもあるどんな家にでも合わせられるデザインバリエーションの豊富さ。

オープンキッチンやアイランドキッチンにするならなおさら人工大理石が活きてきます。

キッチンが見えないタイプでも、キッチン全体の統一感があると素敵になりますよね。

我が家は白と青を主体にまとめてみました。

元々ステンレスやホーローの落ち着いた雰囲気をキッチンに取り入れたいと思っている場合は関係ないですが、明るく柔らかいキッチンにしたいのなら、人工大理石は欠かせません。

ホーローとの組み合わせで最強のキッチンに

我が家ではキッチンとキッチン裏の収納棚の天板が人工大理石です。写真だとこの部分

さらに収納部分にはホーロー素材を使用しています。

この組み合わせ最強です。本来収納の中は木材やプラスチックなどを使用します。ですがタカラスタンダードさんのキッチンは収納スペース全てがホーロー素材なんです。

ホーロー素材は先程説明した様に、金属をベースにして表面にガラスコーティングされた素材です。なので水や汚れが染み込む事はなく、拭くだけでほぼ全ての汚れが落ちます。

この炊飯器収納の中もホーロー素材、つまり炊飯器のご飯を炊く時の蒸気で痛む事がないんです。これがけっこう便利ですね。これが木材だと蒸気ですぐに痛んでしまいます。

このキッチン周りの壁もホーロー素材、油汚れが染み込んで色移りする事もなくなり、拭き取るだけでキレイになります。

こういったキッチン下の収納までホーロー素材なので、油や醤油などの調味料が液垂れしたり、こぼれたりしても心配ありません。

水周りはデザイン性の高い人工大理石にして、見えない収納部分にはホーローを使うことで、キッチン内全ての場所が掃除しやすいという最強のキッチンになります。

この組み合わせはオススメなので興味があれば是非。

人工大理石の正しい手入れ方法

人工大理石は間違った方法で手入れを行うと劣化の加速に繋がるので気をつけてください。

普段の手入れはスポンジと中性洗剤

日頃からスポンジに洗剤を付けて軽く擦っているだけでもかなりキレイを保てます。洗い物の後は気になった時などいつでもいいので、数日に1回は軽く洗ってください。

硬いスポンジやクレンザーなどは、使用しないでください。日頃からそこまでやってしまうと傷が付き、その傷から汚れが広がってしまいます。

黄ばみが出たらメラミンスポンジ

もしも黄ばみを発見したらメラミンスポンジで擦ってみてください。

メラミンスポンジと言う名前だと、ピンと来ないかもしれないですが、激落ちくんなら聞いたことあるんじゃないでしょうか?

がっつり黄ばみが出てしまったら

もしも黄ばみががっつり付いてしまった場合は、クレンザーを使用します。本来は削る事はあまりオススメではないのですが、黄ばみを消す為には削るしかないです。

この時、気をつけるのはクレンザーは研磨剤成分が20%程度の物を使用してください。

スポンジは普通の柔らかいスポンジを使用し、黄ばみのある場所をゆっくり優しく擦ります。これで黄ばみは取れます。

漂白剤は使わない

漂白剤を出来るだけ使わないでください。確かに汚れを落とすのに使えるのですが、人工大理石は酸やアルカリ性に弱く、薬品焼けする場合があります。薬品焼けが付いてしまうと中々落ちないので、漂白剤は最終手段として使用してください。使用する時も長時間漬けない様に気をつけて下さい。

紙やすりは使わない

よく人工大理石は削る事でキレイに出来ると言う情報があります。間違いではないのですが、削った所の傷に汚れが溜まりやすくなり逆効果になります。

人工大理石を紙やすりで削るのは絶対にやめてください。

まとめ

ステンレス、人工大理石、ホーローどれを選ぶが悩みまずが、どれもメリット、デメリットがありこれがいいとはなかなか決めきれません。デメリットの部分はこまめなお手入れを行えばどの素材もそんなに問題ではないので、自分に合ったメリットで考えてみると決めやすいかもしれません。

シェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です