おしゃれなデザインで空間に溶け込むアイリスオーヤマ「ジャーポット」




もうすぐ次男が産まれる我が家ではミルク作りのお湯をどうするか問題が起きてました。

長女の時はアパートでウォーターサーバーを使っていたのですが、長女のミルク離れと共に解約して、それ以降のお湯はケトルを使用してました。

でも次男が産まれるとなればケトルで毎回お湯沸かしてミルク作るのも手間です。

なので今回は新居に引っ越しもしたのでウォーターサーバーではなく「ジャーポット」を購入しました。

とても便利だったのでその性能を紹介しようと思います。

ジャーポットとは

ジャーポットとは「沸かす」「保温する」「注ぐ」を1台でこなすアイテムです。

電気ポットやホットウォーターディスペンサーと呼ばれる事もあります。

お湯を扱うアイテムには「ヤカン」「ケトル」「魔法瓶」などがありますが、ジャーポットはそれらの良いところを詰め込んだ機能と言えます。

ヤカンは沸かした後に連続的に加熱しないと保温出来ず、ケトルは1分程の時間で沸かす事ができますが保温機能は付いていません。魔法瓶も時間の経過で保温機能が下がります。

それに比べジャーポットは沸かすのに10分程時間がかかりますが、その後の保温機能も付いていて、いつでもお湯を使用する事ができます。

ジャーポットとケトルの違い

よく混同して考えられがちなジャーポットとケトルですが、最大の違いは保温機能の有無ですが、他にも使い方やタイミングで大きな違いがうまれます。

ケトルは少量を短期的なタイミングで使う時にオススメのアイテムです。

例えば、たまにコーヒーやカップ麺を食べる場合はケトルで十分です。

そういう使い方の場合はケトルの方が電気代も抑えられて節約にもなります。

一方ジャーポットは電気代が多少かかる代わりに大量のお湯を保温して置く事ができます。

1日に何度もお湯を使用する場合はジャーポットの方がオススメです。

アイリスオーヤマジャーポットIMHD-022-W

今回我が家で購入したのはコチラの商品

このシンプルなデザインが気に入って購入しました。

キッチンに置いてあっても雰囲気を壊さないデザインで、インテリアの様な一面すら感じます。

いつでも熱々のお湯「再沸とうモード」

保温中のお湯を再沸とうさせていつでも熱々のお湯を使用する事も可能。

再沸とうに必要な時間は約2分

2.2L入れて沸とうさせる場合は10分は程かかります。

保温温度は約97℃

安心の「ロックスイッチ」

誤って給湯ボタンを押してもお湯が出る事はありません。小さなお子さんの居る過程でも安心して使えます。

空だき防止機能

ジャーポット内に水が入っていない事を検知すると過熱による故障を防ぐため加熱を停止します。

給水し忘れた時も安心です。

空だき防止機能が作動している時は保温のランプが点滅します。

マグネットプラグ

マグネットプラグだから万が一手足を引っ掛けても簡単に抜けるのでジャーポットごと倒れなくて安心。

小さなお子さんがいる家庭や、床に置いたりする場合に役立つ機能です。

フッ素コート使用

汚れの付きにくいフッ素コートでお掃除も楽ちん。

取っ手付きで持ち運び

広くて安定した取っ手で移動もラクラク。

回転板で角度調整も簡単

床底に回転板が付いているので方向転換もラクラクです。

これがないと台を傷つけてしまう事があるので、意外と重要なポイントになってます。

コンパクトサイズで場所を取らない

スッキリしたサイズでキッチン内でも場所を取りません。

注ぎ口から台までの距離は18.5cmと少し短めの距離。100均等のマイボトルがギリギリ入らないのが難点…

上位モデルの「IAHD-022-B」  もオススメ

我が家で購入したIMHD-022-Wの上位モデルの「IAHD-022-B」もオススメです。

このモデルは追加で「温度調節」と「自動ロック電動給湯」が付いているので使い分けの幅と安全性が高くなっています。

3段階の温度調節機能

場面に合わせて温度の調整が可能になっていて、70℃・90℃・98℃と使い分けできます。

ひと目でわかる状態

ひと目で沸とう、保温状態がわかる様に色付きで点灯します。

自動ロック電動給湯

給湯後は自動でロックされ、誤って給湯ボタンを押してもお湯が出ないので小さなお子さんの対策としても安心の機能。

解除はボタンを押すだけでラクラク給湯可能。

感想

シンプルでスッキリしたデザインの「アイリスオーヤマジャーポット」はキッチンのデザインを壊さずに使用出来るのでオススメです。

機能や安全面はアイリスオーヤマの商品なのでお墨付き。

値段も抑えられていて助かります。

新居でジャーポットの使用を考えている方はオススメです。

一人暮らしだとケトルで十分ですが、家庭を持つと毎日の使用が増えてくるのでこれを気にジャーポットを購入してみてはいかがでしょうか。

シェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です