シューズクロークとは?自分に合ったシューズクロークでスッキリ玄関に  シューズクロークをタイプ別に紹介




マイホームの収納に悩んでいる方は多いと思います。

収納はリビングやキッチンの収納に注目しがちですが、意外と重要なのが玄関収納です。

毎年色々なブームがやってきて、趣味の増えた方も多いと思います。

最近だと、スニーカーやキャンプやDIYなどがブームですが、どれも多くの物が必要になってきます。

そういった物の収納に優れていると今注目を集めているのがシューズクロークです。

今回はそんな収納にうってつけのシューズクロークについて紹介していきます。

シューズクロークを採用した我が家の玄関

シューズクロークとは?

シューズクロークとは玄関に直結した収納スペースの事をいいます。

収納方法や収納する物は自由ですが、基本的には靴や出かける時に持っていく物を中心に収納する事が多いです。

間取りでは「S.C」と表記され、中にはシューズインクローゼットと呼ぶ事もありその場合は「S.I.C」と表記されます。

シューズクロークの種類

シューズクロークには大きく分けて2つのタイプがあります。

シューズクロークは間取りや家庭の使用目的によって理想的なデザインが変わってきます。

まずはどのタイプが自分の家に合っているのか知ることが大切です。

まずはその種類から紹介していきます。

ウォークインタイプ

ウォークインタイプは出入口が1つのシューズクロークの事です。

間取りではこのようになります。

メリット

壁全面に収納可能

この様に全面に棚を取付ける事が可能なので、収納量が飛躍的に上がります。

上段には棚を付け靴を収納し、下段には大きな物を置くスペースを確保すると言った分けた使い方も可能です。

シューズクローク内を隠しやすい

シューズクロークに収納する物は、玄関周りや外で使う物がほとんどなので、来客時はあまり見られたくない場合が多いです。

そんな時も出入口が1つなら扉やロールスクリーンなどで目隠しをする事で簡単に隠す事が可能です。

デメリット

効率の悪い動線になる

このような動線になるので、家を出るときシューズクロークでワンクッション発生し、効率が悪くなります。

それでもシューズクロークの収納量を考えれば、このデメリットはかなり小さなものだと思いますが、ひと手間かかるのは間違いないです。

普段使う靴が出しっぱなし又は玄関に靴箱が必要になる

玄関に靴箱を設置しないと、靴を玄関に出しっぱなしにする事になります。

ホールから靴のあるシューズクロークまで裸足で移動する訳にもいかないですよね。

なので玄関には靴箱を設置する事をオススメします。ですがシューズクロークがあるので、小さい物で大丈夫です。普段履く靴、もしくはシューズクロークまでの移動に使うサンダルなどを収納できるだけの大きさがあれば十分です。

家を建てる際は何も付けず後でこんなのを買うのも安く済んでいいかもしれません。

サイズも色々あるので家庭に合ったサイズを使用してください。

ウォークスルータイプ

ウォークスルータイプは出入口が2箇所あり、通り抜けの可能なシューズクロークです。

間取りはこんな感じ。

メリット

効率的動線になる

出入口を2箇所設けることによって、通り抜けが可能になるのでウォークインタイプに比べ効率的な動線になります。

出かける前にシューズクロークで物を取るとしても、スムーズに出来ます。

来客用に玄関を使える

普通玄関には家族の靴やバック、アウターなどが集まってしまいますが、ウォークスルータイプにする事で家族が玄関を使用する事がなくなります。その為来客が着た時にスッキリした玄関で出迎える事が可能です。

これにより玄関の区別化を行う事が出来、キレイな玄関を保つ事ができます。

靴箱の設置が必要ない

シューズクロークに出入できる事で、玄関に靴箱を設置しなくてよくなります。

画像の様にシューズクローク内で靴を履くので手前によく使う靴を収納しておけば、フロアから直接取ることが可能です。

靴箱を設置しなくて済めば玄関がさらにスッキリ使用できます。

デメリット

収納スペースが減る

ウォークスルータイプはウォークインタイプに比べると収納スペースが減ります。

その理由は人が通過するスペースを確保しなければいけないからです。

間取りで説明すると

ウォークいんがこれだけ通路を確保するのに対して

ウォークスルーはここまで通路を確保しなければなりません。

さらに棚を取付ける壁も少なくなるので収納量は少なくなります。

多くの物を収納したい人にはあまり向かないかもしれません。

シューズクローク内が見えやすい

出入口が2箇所あるので、中を見せたくない人は2箇所とも目隠しをする必要があります。

扉を付ければ簡単ですが、毎回開け閉めを行っていたのでは、メリットの効率のいい動線が消えてしまいますし、玄関や通路が扉で圧迫する恐れもあります。

普段は開けっ放しに出来る、ロールスクリーンか引き戸を付ける事をオススメします。

収納方法

シューズクロークは上記の2つのタイプとこれから説明する収納タイプの組み合わせにより、家庭に合ったシューズクロークを作り出すことが出来ます。

では早速どんな収納方法があるのか見ていきましょう。

靴用棚

まずは一般的な靴用の棚です。

棚の奥行きが30センチ程の靴を収納出来る棚です。靴が多い家庭ではこの棚を多く取付ける必要があります。

我が家ではこれとは別に靴箱があるので、この棚はあまり靴の収納に使っていませんが、この棚が2列分あれば一般的な4人家族分の靴の収納には困らないと思います。

物置用棚

こちらは靴用より少し大きめの奥行き35センチ〜45センチの物置用の棚です。

キャンプ道具や釣り道具など細かな道具を多く収納する場合はこちらの棚を多く設置すると便利です。

ガーデニング道具や子供の外用のおもちゃなど、普通に生活していても使う事の多い収納なので、とりあえず着けておいて間違いない棚です。

吊り下げ用棚

傘やアウターを掛けておくのに便利な収納です。

出勤用のアウターやバック、傘などを収納しておくと、出かける時に簡単に持ち出せて便利です。

帽子などを引っ掛けて収納する事も可能なので、夏場出かける時にも役立ちそうです。

シューズクローク設置時の注意点

基本的には2種類のタイプと3種類の収納方法を組み合わせて作り上げるシューズクロークですが、家庭によっては注意しないといけない点も出てきます。

棚は絶対に可動棚を使用する

ほとんどの家庭のシューズクロークに棚はあると思いますが、これから取付けを考えている家庭は絶対に可動棚を使用してください。

シューズクロークに収納する物は家庭によってそれぞれですが、基本的にどの家庭でも収納する物は変わっていきます。

例えば最初は夫婦で趣味のキャンプ道具、時間が経ち子供が産まれ子供のおもちゃ、と言うように環境の変化によって収納する物は変わっていきます。

その時に固定の棚だと応用が効かなくなり、収納が不便になります。

ですが可動棚なら自由に高さを変えられるので、どんな物でも収納可能です。

このように下に物を置くことも出来るし、収納ボックスの高さに棚を合わせてピッタリ収納する事も可能です。

家庭に合ったシューズクロークを作るのに可動棚は必要不可欠です。

扉を付ける場合は引き戸かロールスクリーンを使用する

シューズクロークに扉を付けるかどうかは結構考えが別れますが、全体で見れば付けない家庭が多いようです。やはり開けしめの手間がないのは魅力的ですよね。

この様に上を丸くくり抜いた出入口はとてもおしゃれですね。

ですが、シューズクロークの中が丸見えになってしまうデメリットもあります。

玄関周りの物を収納する事が多いシューズクロークはあまり中を見せたくない人もいると思います。

その場合な目隠しを取付けないといけないのですが、扉を取付けるよりも、引き戸かロールスクリーンを付ける事をオススメします。

扉を付けると開けしめの手間が増えますし、開けっ放しにしておくと玄関が圧迫する恐れがあるからです。

もちろん大きな玄関であれば、その心配もないのでいいのですが、一般的には玄関にそんなスペースを使っていない家庭が多いと思います。

その場合この様に玄関を扉で圧迫してしまいます。

引き戸やロールスクリーンならスペースを使用せずに目隠しが出来、普段は開けっ放しにしておく事も可能です。

ロールスクリーンの取付けなら後から素人でも可能なので、最初は目隠しなしで、後から必要だと感じだら購入するのもありだと思います。

引き戸の場合は少し収納スペースが減るので注意が必要です。

扉が収納される場所に収納を出来なくなるので、その分収納量が減ります。

全面に収納を付けたい人はロールスクリーンの方がオススメになります。

靴箱は標準装備で付いてくる

ほとんどのハウスメーカーで玄関の靴箱は標準装備で付いてきます。

靴箱の設置位置と大きさを計算して、シューズクロークを作る必要があります。

靴箱があるのに靴用の棚を大量に付けても、そんなに靴持ってない。なんて事もありえるので家庭の収納量に合わせて設置する必要があります。

ちなみに我が家ではこれだけ収納できる靴箱があるので、靴用の棚は1列しか取り付けてないです。

換気用の窓の取り付け

シューズクロークは空気がこもりやすく、靴の匂いなども気になる空間になってしまいます。

その為換気用の窓の取り付けが必要です。

取り付け位置は物を置かない場所にする必要があるので、上部に取り付けるのがオススメです。

下部に付ける家庭もありますが、下部には意外と物を置くので開けにくくなります。

比較的物を置くことの少ない上部に付けましょう。

上部だと開閉する為の仕掛けが必要になるので、ハウスメーカーさんとの相談が大切です。

我が家ではチェーンを使って下からも開けられるようにしてあります。これなら窓の前に荷物があっても開閉可能です。

窓の大きさはこの程度でも十分換気可能ですが、日光を取り込みたいと言う場合は大きい窓を取り付けましょう。その分収納スペースが減る可能性もあるので、気をつけてください。

まとめ

シューズクロークは家庭に合ったデザインで作る事が大切です。

2つのタイプと3つの収納方法を自分好みに組み合わせて、素敵なシューズクロークを作ってみてください。

シェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です