大画面TVを壁掛けで取り付けスッキリしたリビングに




我が家では新居へ引っ越す際にTVを新品に買い替え壁掛けにしました。

壁掛けテレビを採用している新居は最近急増していて、これから壁掛けテレビにしようかと考えていている人も多いのではないでしょうか?

壁掛けテレビはテレビ台がいらなくスッキリする反面、取付けが大変です。

新居を建てるタイミングで壁掛けテレビに変更すると、とてもスムーズなので参考にしてみてください。

壁掛けテレビとは

壁掛けテレビと言うのは、壁にテレビを直接取付けることで、テレビ台などを必要としないテレビのことです。

取付けにはいくつか条件がありますが、条件さえ満たしていれば、スペースを使わないので部屋をスッキリ見せられる効果があります。

我が家の場合はこんな感じです

奥行きを必要としないため圧迫感がなくなります。

事前にコンセントの位置などを調整しておけば、コードを見せずに取付けられるので、生活感も出ません。

コンセント位置についてはこちらの記事をご覧ください。

壁掛けテレビのメリット

壁掛けテレビにはたくさんのメリットがあり、今多くの家庭で取り入れられています。

地震で倒れる心配がない

地震が起きた時にテレビ台の上に置いてあるだけだと転倒の可能性がありますが、壁掛けならその心配はありません。

薄型のテレビの普及でかなりコンパクトになったテレビですが、その反面安定性が失われつつあります。もちろんちょっとした事では倒れませんが、壁掛けテレビなら壁が崩壊でもしない限り落ちることはありません。

場所を取らない

従来のテレビに比べ画面だけを壁に取付けるので、場所を取りません。極端に言えば壁がちょっと膨らんでいるくらいの感覚なので、床スペースを使わずに済ます。

薄型のテレビを買っても、壁掛けにしないと結局使う場所量はかわらなくなってしまいます。

テレビのサイズを大きくできる

一般的にテレビは大きさと快適に見れる距離がきまっています。よく言われるのがインチ数✕4です。

30インチならテレビから120センチ離れて観るのが理想と言うことです。

従来のテレビと壁掛けテレビを比較すると、壁からの距離に約30㌢の違いがあります。その分大きなTVをセットすることができます。

ここの距離が伸びるので大きな画面のテレビをセットしても快適に見れます。

小さな子供がいても安心

我が家もそうだったんですが、つかまり立ちを始めた頃の子供はテレビによくよじ登ったり捕まったりします。倒れるのが怖くて目が離せませんが、壁掛けテレビならその心配もありません。

我が家の娘はこんな事してました…

こんなじゃじゃ馬がいても壁掛けなら安心です。もちろん目を離していい事にはなりませんが、万が一がなくなります。

壁掛けテレビのデメリット

メリットの大きい壁掛けテレビですが、デメリットもけっこうあります。自分はそんなに感じていないのですが、調べるとけっこう出てきました。

テレビの位置が動かせない

取付け器具にもよりますが、上下左右に少し動かせる程度で、大きな移動が出来ません。もし移動したいなら大ががりになるので、業者を手配しないといけないレベルです。これが最大のデメリットになると思います。

取り付け場所には条件がある

薄壁では強度が足りず取り付けられません。壁の後ろに柱があれば取り付け可能ですが、ない場合はそのままでは取り付けられず、どうしてもそこに付けたい時は壁をくり抜き裏に補強を入れるなどの大ががりな工事が必要です。

他にも突っ張り棒のような取付け器具を使えば壁に穴を開けず取付けられますが、見栄えがよくなく、金具なども見えてしまい、あまりオススメできません。

新築の家を建てる場合は事前ち打ち合わせでここに壁掛けテレビを付けたいとお願いすれば、最初から壁裏に補強を入れておいてくれます。そうすることで、より小さい金具でスムーズに壁掛けテレビを取付ける事が可能になります。

コードが見えてしまう

これは壁掛けテレビの大きな問題なんですが、コンセントの位置によってはコードが見えてしまい、逆にダサくなってしまいます。モールと呼ばれるコードを隠すアイテムで目立たなくする事はできますがよく見ればわかってしまいます。

1番の理想は壁の中にコードを通す事です。でもこれは業者による工事が必要で、素人には難しいでしょう。

これから新築を考えている人は事前にコンセントの位置を調整し、壁の中にコードを通せる用に仕掛けをしておいてもらう事をオススメします。

買い替え時に手間が掛かる場合がある

テレビを買い換える際に全く違うメーカーなどを選んでしまうと金具に取り付けられません。そうなると金具も交換しないといけないので別料金が発生してしまいます。

今付いている金具に合うテレビを購入すれば済む話しですが、購入出来るテレビが制限されるのでこだわりの強い方にはかなりのデメリットになります。

我が家のTV

我が家では65インチのTVを購入して取り付けました。家の購入前にハウスメーカーさんに相談してコンセントの位置や壁の補強も入れてもらっていたので、とてもスムーズに取付ける事ができました。

コードは壁の中を通し、ハードディスクのコードは下の台の中にしまってます。台の中には他にもWi-Fiが入っていて、台の下には自動お掃除ロボットがいます。

ちなみに我が家のお掃除ロボットはルーロさん!

自動お掃除ロボットについてはこちらの記事をご覧ください。

TV取付ける前のコンセントの位置はこんな感じです。

下と上にコンセントを別に取付け、壁の中で繋がっています。

これから家を建てる予定の方はハウスメーカーさんに相談すればこのように提案してくれると思うので聞いてみてください。

コードを全てしまえるので生活感が消えてスッキリしたリビングになりますよ。

今のテレビはテレビ本体にhuluやNetflixやYouTubeが内蔵されている物が多いみたいで、我が家のテレビも内蔵されていました。

イメージ的には大画面タブレットみたいな感じで、制限はありますが、テレビ内にgoogleストアがあるのでアプリのダウンロードを行えば使用できる物が増やせます。中にはゲームなんかもけっこうありました。

そしてなんと言っても、スマホに専用アプリを入れれば、外出中に録画した番組をみれる。

そして外出先から録画予約ができる。これがめちゃくちゃ便利です。

家にいない時に限って見たい番組の情報って入ってくるんですよね…

今日残業だから録画間に合わないや…ってこと何回もありました。でもそれももうない!いつでもでもどこでも録画できる。これけっこう便利です。

さらにこれだけの画面で映画見るのとか最高です。

今ではほとんど子供がYouTubeキッズを見る為に使われてますが…

休みの日にYouTubeでPVとかみても迫力満点で見いちゃいます。

ちなみに昔使ってたテレビはこれです。

テレビ小さいのに場所取るのと子供が近づいて危な。アパートだったので、簡単に壁掛けに出来なかったってのもありますが、やはり壁掛けのほうが省スペースで安全だなと思いました。

まとめ

大画面テレビを購入するならなおさら壁掛けをオススメします。小さなお子さんがいれば尚更です。

たしかにデメリットも多くありますが、その多くが、後付で壁掛けのテレビを付ける場合です。新築を購入予定の方が壁掛けを選択すれば、デメリットはほとんどなくなります。新築購入を予定されている方は事前にハウスメーカーさんと相談して、壁掛けテレビの設置をよりスムーズに行うことをオススメします。

シェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です